HOME > ダイヤカレイドの特徴


ダイヤカレイドの特徴

優れた耐候性を持つクリヤーと特殊カラーフレークの配合により、 紫外線による変色や褪色が起こりにくく、汚れにくいため美しい仕上がりを長く保ちます。各工程が「水性」という 人と環境にやさしい塗料です。


[ 高意匠性 ]

従来の単色塗料にない立体感と深みがある豪華な彩を演出します。

ダイヤカレイドの上塗材は、顔料カプセル( ゲル)で意匠性を持たせる一般的な多彩模様と異なり、カラーフレークを配合する事で光沢のある立体的な塗膜となり、高級感と重厚感がある仕上がりとなります。
また、耐候性に優れていることはもちろん、施工による色ムラが発生しにくいため、デザイン性がブレないことが大きな特長です。

        


[ 低汚染性 ]

汚れにくい性質の塗料です。

塗装後の壁面が水となじみやすくなるため、汚れ( 排気ガスや粉塵等)が付着しても雨水で流れやすいという特性を持ちます。
また、防カビ・防藻性にも優れています。

        


[ 安全性 ]

人と環境にやさしい塗料です。

各工程が全て水性のため低臭です。
また、ホルムアルデヒド・キシレン・トルエン等の有害な揮発性有機化合物(VOC)を含まないことから安心してご使用いただけます。

        


[ 微弾性 ]

下地追従性に優れています。

ダイヤカレイドの塗膜は微弾性下塗材対応です。
下塗材に「ダイヤアクレスフィラー」を選定することにより、下地の軽微なひび割れを充てんし、ひび割れの拡大を防ぎます。

        

[ 高耐候性 ]

塗装後の美しい仕上がりを長く保ちます。

ダイヤカレイドの上塗材は顔料を配合しない高耐候性シリコンクリヤーを採用しているため、チョーキング(白亜化)が発生しにくい構造になっています。さらに、上塗材のクリヤー皮膜は紫外線や雨水の攻撃から建物を長期的にガードします。
また、高温成膜技術により工場生産された特殊カラーフレークは非常に安定した塗膜物性を持つため、単色顔料と比較すると変退色が起こりにくい特性を有しています。