HOME > ガイナ塗装について > ガイナの詳細

宇宙の技術を暮らしの中へ

始めに、この度、当社は、塗料の一つに、ロケット開発で培われた最先端の断熱技術の高性能断熱塗材「ガイナ」を使用する事になりました。
ガイナH-Ⅱロケットを守った宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した、断熱技術を応用し、非常に特殊なセラミックを、塗料化することに成功し、建築用塗材として活用できるようになりました。薄い塗膜に大量のセラミックを含有ガイナの中には、非常に特殊で微小なセラミックビーズが含まれています。
私たちの暮らしの中で活用可能にしたのです。ごく一般的な塗料と同じように塗装をすることができます。しかしその性質・性能は通常の塗料や、従来ある建材等とは違う、画期的な商品です。
「ガイナ」は、住まいに塗るだけで、断熱を可能にしたほか、遮熱・結露防止・防音・防汚・空気質改善など、15に及ぶ機能を発揮します。

これまでの常識を覆し断熱性の高い特殊セラミックを塗料化


樹脂を塗料化したペンキなどの従来の塗料は、住宅の美観確保と防水を目的としたものに過ぎませんでした。
ガイナが他の塗料と一線を画すのは、特殊セラミックの効果によるものです。セラミックには、遠赤外線セラミックや超硬度セラミックなど、さまざまな種類があります。そのひとつである断熱性能に特化した種類のセラミックを中心に、アクリルシリコン樹脂とのハイブリットにより塗料化に成功したのが、ガイナなのです。

夏も冬も冷暖房費用を削減しています

1度塗れば7年経っても効果は持続!!
7年間の合計で約490万円の経済効果!


【状況】平成12年5月  埼玉県志木市物流倉庫
折板屋根(1300㎡)に室内対策の目的で、ライトブルー色を塗布


倉庫屋根「ガイナ」塗布。
夏も冬も冷暖房費用を削減しています。


塗布前(平成11年5月~12年4月)
冷房にかかった費用:¥1,726,315 7年間の合計で約490万円の経済効果!!
塗布後(平成12年5月~13年4月)
冷房にかかった費用:¥910,390 ¥-815,925削減
塗布後(平成18年5月~19年4月)
冷房にかかった費用:¥1,035,173 ¥-691,142削減

2階天井温度が15度以下、4台の冷暖房機が1台に。

当社では環境にやさしい次世代塗材として推奨しています。
塗装前・塗装後・調査時の電気料金比較

ガイナの遮熱効果コンクリート実験

もっとも標準的なブロックテンプレートです。汎用的で使いやすいテンプレートです。
【実験目的】ガイナの遮熱効果によるコンクリート表面、裏面温度低下の実証!!
【実験方法】ガイナ表面塗装コンクリート、未塗装コンクリートを、投光器で照射。

3時間おきにコンクリート表面温度、裏面温度を測定し、ガイナ表面塗装コンクリート、未塗装コンクリートの表面温度、裏面温度をを比較する。大見出しを入力します。
試験条件
●投光器:100V-450W ●コンクリートサイズ:縦500×横500×厚み150mm ●投光器から試験体までの距離:50mm

 

【ガイナ塗装前】※未塗装コンクリート表面温度94.6℃ 裏面温度50.4℃。
【ガイナ塗装によって実験開始72時間後】※表面温度でガイナ塗装コンクリート69.3℃・裏面温度35.1℃

ガイナの効果:コンクリート表面温度が23.5度低い!(開始72時間後)未塗装コンクリートよりで23.5℃低い。
裏面温度で15.3℃低い!! 建物の蓄熱を抑えることで冷房費削減! 昼も夜も涼しい環境に!

おそば屋さん大満足!音が止まった!臭いが消えた

施工時期:平成18年9月 地域:東京都世田谷区
塗装箇所:店舗内装
実験目的 塗装前状況:以前は同じ場所で木造の店舗で営業していた。店のすぐ裏が踏み切りで、道路も面しているため、一日中うるさい場所でした。店が線路のすぐそばで、電車がうるさい!
対策 塗装箇所:店内 天井・内壁にガイナ塗装
おそば屋さんの感想
ガイナの効果 音が消えた!臭いが消えた!
  • 毎朝お店に入る度に、清々しい空気を感じます!
  • 揚げ物に使用する油の臭いが気にならなくなりました!
  • 塗装後1年経過しましたがタバコのヤニが壁につきません!
  • 店の裏を通っている電車の音が静かになりました!

遮熱効果で温度差29℃ コンクリート表面とガイナ塗布面の温度比較。

夏になると太陽の熱でベランダの床が焼け、触ると火傷をするほど熱くなっていたのが、ガイナを塗ってからは裸足で出ても熱くなく、お子さんがベランダに出ても安心していられるよう改善されました。

冬季の灯油使用量(暖房における省エネ効果の検証)

天井が高く、広々とした空間のため、冬季の暖房効率が思わしくなかったこの住宅に、平成16年8月、外壁に加え、内装全面にガイナを塗布してリフォーム。 暖房に使用しているストーブの灯油使用量を比較したところ、ガイナを塗布前の平成16年は7缶使用していたのが、平成17年は3缶、平成18年は4缶とそれぞれ削減。 ガイナがもたらす断熱による省エネ効果が検証されました。

天井が高く、広々した空間の為、冬季の暖房効率が思わしくなかったこの住宅に、平成16年8月、外壁に加え、内装全面にガイナを塗布してリフォーム。

暖房に使用しているストーブの灯油使用料を比較したところ、ガイナ塗布前の平成16年は7缶使用していたのが、平成17年は3缶、平成18年は4缶とそれぞれ削減。ガイナがもたらす断熱による省エネ効果が検証されました。


あらゆるニーズに応える【ガイナの施工例】

社内の冷房効率向上
座席の下にエンジンルームが配置されていて、熱くて音がうるさい状況でした。ガイナを塗布するとエアコンがよく効くようになり、エンジン音も静かになります。

マフラーのやけど防止に
バイクのマフラーは表面温度が約80℃の高温にも上がり、危険な状態になることも。ガイナを塗布すると防護効果が発揮され、直に触れても火傷の心配はありません。

ドライアイス
ドライアイスでいっぱいになった表面温度ー31.6℃の缶でも、ガイナが塗布してあれば、素手でつかめます。


ガイナを塗るだけで、夏は涼しく、冬暖かに

夏も冬もガイナは活躍します
ガイナを住宅の屋根・外壁、内装に塗ると、太陽光線や熱、音や汚れなどを跳ね返し、断熱・遮熱などの効果を発揮。加えて、太陽光線や照明の光を受けたセラミックが、イオン化作用をもたらし、室内の空気質を改善。マイナスイオンとプラスイオンのバランスがとれた心地よい状態に。

夏期日中で70%省エネ(冷房における省エネ効果の検証


ガイナの波及効果

結露対策タイプ[ノン結露]

[ノン結露」はガイナの断熱効果をさらに特化させた結露防止商品です。押入れの中、タンスの裏、トイレ、キッチンまわり、浴室の周辺など、結露の発生しやすい場所で、効果を発揮します。


下記の実験からもわかるとおり、室温25℃、湿度80%、水温3℃という厳しい環境下では、無塗布や一般的な結露防止塗料であれば、時間の経過とともに結露が発生し、その後も結露が流れ続けました。ノン結露は熱移動を抑え、水分の吸収発散サイクルを理想の形にコントロールすることで結露発生を抑え、現状で発生してる結露を、約1/500~1/600にする能力を持っている商品です。

実験内容 プラスチック製のカップに、氷水を入れカップ表面からの結露発生具合を比較。
試験環境 室温25℃ 湿度80% 水温3℃
試験結果 上記試験では、160分後もノン結露塗布カップからの結露発生は一切なし。
一般的結露防止塗料塗布カップからは約30分で結露が発生し、結露が流れ続けた。無塗布カップは約5分で結露発生。

[ガイナ抗菌性実験] 

一般的な鉄板に塗布された、ガイナ防カビ抗菌対応品とアクリル塗料

実験内容 ガイナ防カビ抗菌対応品とアクリル塗料をそれぞれ鉄板に塗布し、カビなどの菌の発育を比較。
室内条件 室温30℃±5℃・湿度95%±5%RH
試験期間 28日間
試験菌数 62菌を試験(世界微生物学会承認カビ菌47菌含む)
実験結果 一般的なアクリル塗料は発育が見られたが、ガイナ防カビ抗菌対応品には、菌の発育がまったく見られない。日本国内で発生する可能性のある菌の大多数に対応可能と考えられる

[検証菌名]
アクレモニウムチャルティコーラ・アルテルナリアアルナータ・アルテルナリアブラッシコーラ・アルテルナリアテナース・アスペルギルスフレーバス・アスペルギルスフミガタス・アスペルギルスオリゼー・アスペルギルスバーシーカラー、他全62菌
※対応菌の詳細については、お問い合わせください。


  • 北葛城郡上牧町≪屋根:遮熱断熱塗装工事~ガイナ仕様~≫N様邸

    ■遮熱断熱塗装■
    ~塗装の流れ~
    高圧洗浄(塗膜の汚れ、付着物除去、水洗い)・下地処理(変性シリコンコーキング処理・板金くぎ打等)・日本ペイント ファイン浸透シーラー 下塗り・縁切り部材 タスペーサー W工法・日進産業 遮熱断熱塗料 「ガイナ」 中・上塗り※N様プランより
    ■施工面積:100㎡
    ■ガイナ色番:42-50L

    施工事例はこちら
  • 羽曳野市駒ヶ谷≪外壁遮熱断熱塗装工事~ガイナ仕様~≫H様邸

    ~外壁遮熱断熱塗装工事~
    ■仮設足場 (飛散防止ネット及び養生)・高圧洗浄(塗膜の汚れ・付着物除去・水洗い)・下地処理(クラック部Vカット・変性シリコンコーキング・リシン吹き等)・アンダーフィーラー弾性エクセル下塗り(マスチック)・遮熱断熱塗料 「ガイナ」 中・上塗り・・H様プランより抜粋
    ■施工外壁面積:138㎡
    ■ガイナ色番  :17-80F(優しい肌色系)

    施工事例はこちら
  • 吹田市山手町≪外壁遮熱断熱塗装工事~ガイナ仕様~≫M様邸

    ■外壁遮熱断熱塗装工事~ガイナ~■
    工事の流れについて
    ■仮設足場 (飛散防止ネット及び養生)→高圧洗浄(塗膜の汚れ・付着物除去・水洗い)→下地処理 窓廻りシリコン増し打ち (①専用プライマー②変性シリコン)→下地処理 ボード目地打ち替え(①既存シール撤去②専用プライマー③変性シリコン注入)→日本ペイント ファイン浸透シーラー 下塗り→日進産業 遮熱断熱塗料 「ガイナ」 中・上塗り→土台水切り板金塗装(さび止め・ウレタン仕上げ) →軒天塗装 (ケンエース塗装)→雨樋塗装(ケレン・ファインウレタン2回塗り)※実際の縦樋と外壁色は合わせていますM様プランより
    ■外壁施工面積:141.56㎡
    ■ガイナ色番 :65-80D やさしいブルー系

    施工事例はこちら