HOME > ガイナ塗装について > ガイナのQ&A

材料の特徴・性能について

断熱性能は経年変化しますか?
特殊セラミックが断熱効果を発揮しますので、塗膜表面が経年による汚れの影響を受けたとしても断熱性能は劣化しません。
遮熱性能は経年変化しますか?
経年による汚れで遮熱性能は劣化します。
塗布後の匂いは残りますか?
低臭タイプですが若干残る場合があります。内装に塗布した場合、臭気の感じ方には個人差がありますが1~2週間程度残る場合があります。臭気については換気状況も影響しますので、塗布後は十分な換気を行って下さい。臭いの無い内装タイプもございます。詳しくは販売店にお問い合わせください。
どのような物・材料に塗布する事が出来ますか?
下地処理剤(シーラー・プライマー等)との組み合わせにより、殆どの材料に塗装出来ます。鉄、コンクリート、モルタル、木、非鉄金属、ガラス、等。
塗布出来ない材料はありますか?
ポリプロピレン(高密度)、フッ素加工品、テフロン加工品等です。
カラーバリエーションは何色ありますか?
ガイナには基本52色バリエーションの用意があります。その他にも200色以上対応できます。詳しくは販売店にお問い合わせください。
着色による断熱性能への影響はありますか?
熱性能については影響はありません。
着色による遮熱性能への影響はありますか?
遮熱性能については白色がベストです、黒色に近づく程悪くなります。
塗装を2回塗りで施工する場合、1回目と2回目の色が違っても大丈夫ですか?
問題ありませんが、一度目を白色で塗り、二回目の仕上げを着色で塗布すると遮熱効果が高くなります。
既存壁の濃いペンキの上に塗った場合、下地の色は出ませんか?
塗布量が規定値なら下地の色は出ませんが白系のシーラー・プライマー等を使って色を抑えて使用することをお勧めします。
透明タイプのガイナはありますか?
ありません。ガイナの塗膜はセラミック塗膜ですので、セラミック色(白色)が基本となります。
耐熱温度は何度から何度までですか?
-100℃~+150℃です。
氷点下での断熱効果はありますか?
塗膜乾燥後は氷点下においても十分に効果を発揮します。
ガイナを塗布した場合、室内が夏に涼しくなるなら、冬は寒くなってしまいませんか?
いいえ、冬は熱源が室内にあり、断熱性能によりその熱が外へ逃げていくのを防ぎます。「ガイナの効果」の「寒い」をご覧下さい。
内装に塗布した場合のシックハウスが心配なのですが。
ガイナはF☆☆☆☆(フォースター)製品です。
屋上防水等の防水材として使用できますか?
防水力は十分にありますが、防水材ではありませんのでトップコート(保護材)として使用して下さい。
天井に塗った場合、なぜセラミックが表面に出てくるのですか?(浮力の道理に反するのでは?)
水分が空気中に放出され乾く過程で、水の毛細管現象により塗膜表面にセラミックが引っ張り出されてくるからです。
塗替えを行う年数の目安はどのくらいですか?
セラミック塗膜ですので、非常に耐久力が長く、一般環境下で15~20年が目安です。
  • 八尾市山本町南≪お隣同士で外観リニューアル≫I様邸

    今回はお隣同士で屋根外壁塗装工事をご依頼頂きましたI様邸からご紹介させていただきます。既存外壁は玄関廻りのタイルにあわせた優しいお色の外壁でした。カラーシュミレーションの際には玄関廻りのタイルに調和する優しいお色でシュミレーションをさせて頂きました。外壁とベランダを2色で色分けしたものもありましたが(参照③)・I様ご選択の淡いベージュ系で外壁全体を塗装されました。タイルがとても映えて素敵な外観に仕上がりました。

    ◆工事の流れについて◆
    工期は20日間頂きました。年末に近づくにつれ慌ただしくご多忙の中、ご協力とご理解を頂き誠にありがとうございました。お色直しが済んだお宅で新年をお迎え頂けたので、ほっと胸を撫で下しております。※工期について約2週間程頂きますが天候によって異なります。
    外壁塗装面積:174.13㎡
    ガイナ色番  :19-75D

    施工事例はこちら
  • 豊中市小曽根≪屋根外壁塗装~ガイナ仕様~≫N様邸

    今回は屋根外壁塗装共にガイナ仕様のN様邸をご紹介します。ベランダ部分と外壁面の色分け施工ですが、ベランダ部分には既存のレンガ系のデザインとお色を残しつつ主な外壁部分はダークグレーで落ち着いた外観に仕上がりました。
    ◆工事の流れについて◆
    工期は13日間(天候により異なります)■仮設足場 (飛散防止ネット及び養生)→高圧洗浄(塗膜の汚れ・付着物除去・水洗い)→地処理 ボード浮き部分 タッピング補修→下地処理 窓廻り・軒天・シリコン増し打ち (①専用プライマー②変性シリコン)→下地処理 ボード目地打ち替え(①既存シール撤去②専用プライマー③変性シリコン注入)→日本ペイント ファイン浸透シーラー 下塗り(屋根・外壁共)→縁切り部材 タスペーサー W工法(屋根)→日進産業 遮熱断熱塗料 「ガイナ」 中・上塗り(屋根・外壁共)※N様プランより抜粋
    屋根塗装面積:34.65㎡
    外壁塗装面積:189.53㎡
    ガイナ色番:42-50L(屋根)・N-50(主の外壁)・09-60L(ベランダ部分)

    施工事例はこちら
  • 堺市中区≪現状の色分けに合わせた外壁塗装~ガイナ仕様≫M様邸

    今回の外壁塗装工事は既存の外観(色分け)に沿って3色で仕上げています。グレー系の1F・2Fにレンガ系のアクセントだった外観の2F部分を明るいイエロー系にしたことで1F部分がよりシックにまとまった外観に仕上がりました。
    ◆工事の流れについて◆
    仮設足場 (飛散防止ネット及び養生)→高圧洗浄(塗膜の汚れ・付着物除去・水洗い)→下地処理 ボード目地・窓廻り・軒天 増し打ち(①専用プライマー③変性シリコン注入)→日本ペイント アンダーフィーラー弾性エクセル下塗り(マスチック)→日進産業 遮熱断熱塗料 「ガイナ」 中・上塗り→土台水切り板金塗装(さび止め・ウレタン仕上げ)→軒天塗装 ケイカル板(ケンエース塗装)※M様プランより抜粋
    塗装面積:205.20㎡
    ガイナ色番:1F:N-50 2F:22-85H レンガ系部分:09-60D

    施工事例はこちら