HOME > ガイナ塗装について > ガイナの機能

経済的省エネルギー効果

断 熱

ガイナを建物の天井、内壁に塗るだけで、今まで外に逃げていた熱エネルギーの約60%を封じ込め、冬暖かい究極の内断熱が完成します。

遮 熱

ガイナを建物の屋根、外壁に塗るだけで、太陽光線から受ける影響の約95%を反射し、夏涼しい究極の外断熱が完成します。

耐 久

ガイナは特殊セラミックとアクシルシリコン樹脂をハイブリットすることにより、優れた耐候性を持ち、一般塗料の2~3倍の寿命になります。

快適住空間創出効果

防 霧

ガイナは、近・中・遠赤外線の波長を効率的に反射し、熱エネルギーの移動を抑えることにより、結露発生量を約20%以下にします。

透 湿

ガイナは十分な透湿力を持ち、水蒸気や空気などを通すことで、壁が呼吸し、健康的な住環境が実現します。

癒 し

ガイナは特殊セラミックのイオン化作用により、空気質を改善し、リゾート地を上回る理想的なイオンバランス空間をつくります。

防 音

ガイナを建物に塗るだけで、屋根、天井、壁を通過する音が約4~10デシベル低下し、静かな住空間を確保することができます。

防 護

ガイナの熱エネルギーを蓄えない性質により、ガイナが塗布してあれば、100℃に熱せられた鉄板に触れても、火傷することはありません。

消 臭

ガイナに含まれる特殊セラミックが、空気中の有害物質やいやな臭いを、中和・イオン化し、さわやかな住環境をつくります。

防 菌

ガイナに含まれる特殊セラミックが作用することにより、塗膜をカビや有害な菌から守ります。(ガイナ防カビ抗菌対応品)

安 全

ガイナは環境にやさしい水性で、ホルムアルデヒド放散等級区分(F☆☆☆☆)を取得しています。


機能性効果

防 汚

ガイナに含まれる特殊セラミックとアクリルシリコン樹脂の効果で、優れた帯電防止性、親水性塗膜となり、防汚性を発揮します。

弾 性

ガイナは弾力性に富んでいる為、亀裂ができにくく、衝撃、振動に強い塗膜に仕上がります。

不 熱

ガイナは特殊セラミック効果により、塗布する材料に合致した不熱性能を発揮します(国土交通大臣認定)。

施 工

ガイナを塗布するには、特別な工具を必要としません。刷毛、ローラー、コテ、ガンなど、あらゆる工具で美しい仕上がりが可能になります。

  • 八尾市山本町南≪お隣同士で外観リニューアル≫I様邸

    今回はお隣同士で屋根外壁塗装工事をご依頼頂きましたI様邸からご紹介させていただきます。既存外壁は玄関廻りのタイルにあわせた優しいお色の外壁でした。カラーシュミレーションの際には玄関廻りのタイルに調和する優しいお色でシュミレーションをさせて頂きました。外壁とベランダを2色で色分けしたものもありましたが(参照③)・I様ご選択の淡いベージュ系で外壁全体を塗装されました。タイルがとても映えて素敵な外観に仕上がりました。

    ◆工事の流れについて◆
    工期は20日間頂きました。年末に近づくにつれ慌ただしくご多忙の中、ご協力とご理解を頂き誠にありがとうございました。お色直しが済んだお宅で新年をお迎え頂けたので、ほっと胸を撫で下しております。※工期について約2週間程頂きますが天候によって異なります。
    外壁塗装面積:174.13㎡
    ガイナ色番  :19-75D

    施工事例はこちら
  • 豊中市小曽根≪屋根外壁塗装~ガイナ仕様~≫N様邸

    今回は屋根外壁塗装共にガイナ仕様のN様邸をご紹介します。ベランダ部分と外壁面の色分け施工ですが、ベランダ部分には既存のレンガ系のデザインとお色を残しつつ主な外壁部分はダークグレーで落ち着いた外観に仕上がりました。
    ◆工事の流れについて◆
    工期は13日間(天候により異なります)■仮設足場 (飛散防止ネット及び養生)→高圧洗浄(塗膜の汚れ・付着物除去・水洗い)→地処理 ボード浮き部分 タッピング補修→下地処理 窓廻り・軒天・シリコン増し打ち (①専用プライマー②変性シリコン)→下地処理 ボード目地打ち替え(①既存シール撤去②専用プライマー③変性シリコン注入)→日本ペイント ファイン浸透シーラー 下塗り(屋根・外壁共)→縁切り部材 タスペーサー W工法(屋根)→日進産業 遮熱断熱塗料 「ガイナ」 中・上塗り(屋根・外壁共)※N様プランより抜粋
    屋根塗装面積:34.65㎡
    外壁塗装面積:189.53㎡
    ガイナ色番:42-50L(屋根)・N-50(主の外壁)・09-60L(ベランダ部分)

    施工事例はこちら
  • 堺市中区≪現状の色分けに合わせた外壁塗装~ガイナ仕様≫M様邸

    今回の外壁塗装工事は既存の外観(色分け)に沿って3色で仕上げています。グレー系の1F・2Fにレンガ系のアクセントだった外観の2F部分を明るいイエロー系にしたことで1F部分がよりシックにまとまった外観に仕上がりました。
    ◆工事の流れについて◆
    仮設足場 (飛散防止ネット及び養生)→高圧洗浄(塗膜の汚れ・付着物除去・水洗い)→下地処理 ボード目地・窓廻り・軒天 増し打ち(①専用プライマー③変性シリコン注入)→日本ペイント アンダーフィーラー弾性エクセル下塗り(マスチック)→日進産業 遮熱断熱塗料 「ガイナ」 中・上塗り→土台水切り板金塗装(さび止め・ウレタン仕上げ)→軒天塗装 ケイカル板(ケンエース塗装)※M様プランより抜粋
    塗装面積:205.20㎡
    ガイナ色番:1F:N-50 2F:22-85H レンガ系部分:09-60D

    施工事例はこちら