HOME > 地域別施工事例 > 川西市一覧

川西市の施工事例一覧

川西市≪オリエンタルデザインの屋根塗装~ガイナ仕様≫O様邸

今回は南国・オリエンタル調の佇まいをされO様邸をご紹介します。
外観をこわさない様に屋根のお色には気をつけたいところですが、色彩豊かなガイナ塗料から
ピッタリなお色をお選びいただきました。
屋根塗装面積:76.28㎡
ガイナ色番 :15-50D(調合色)

施工後
area_syosai
施工後
area_line

川西市≪劣化の進んだ軒天補修~左官仕上げ≫O様邸

今回は屋根塗装工事のご依頼を頂きました。現地調査にて軒天一部が大変劣化が進んでおりましたので補修をさせて頂きました。

施工後
area_syosai
施工後
area_line

川西市清和台西≪カーポート屋根材張替え≫K様邸

今回は屋根葺き替え工事とカーポートの屋根材の交換工事をご依頼頂きましたK様邸より≪カーポート屋根材張替え・波板ポリカ張替え≫のご紹介です。
◆カーポート屋根材 材料費 ポリカーボネート製・カーポート取替え施工費(既存カーポート撤去処分含む)・波板ポリカ材料費 ポリカーボネート製・波板ポリカ張替え施工費

施工後
area_syosai
施工後
area_line

川西市加茂≪施工前より何故かしっくりくる佇まい(外観)~ガイナ仕様≫I様邸

今回はリフォーム後の佇まいがとてもしっくりくる外壁塗装のご紹介です。経年劣化で新築当初が懐かしいく思えてしまう外観の見栄えや、塗装廻りのメンテナンス時期もあってこの際イメージチェンジを考えるお客様はたくさんおられると思うのですが、I様邸の最初からそこの建っていたかの様な仕上がりが見事すぎて掲載させて頂きます。
外観のイメージのお助けアイテムとしてカラーシュミレーションをご用意させて頂くのですが、(後程、カラーシュミレーションを参照)屋根・樋・シャッターボックス・・・・色々とお客様のご希望をうかがいながら決定していくのですが、I様のご選択がすばらしかったに尽きると思います。
既存の玄関ドアまでがしっくりきすぎて、新築戸建に見えてならないのは私だけでしょうか。
◆工事の流れ◆
◆仮設足場 (飛散防止ネット及び養生)→高圧洗浄(塗膜の汚れ・付着物除去・水洗い)→下地処理 窓廻り・軒天シリコン増し打ち (①専用プライマー②変性シリコン)→下地処理 ボード目地打ち替え(①既存シール撤去②専用プライマー③変性シリコン注入)→日本ペイント ファイン浸透シーラー 下塗り→日進産業 遮熱断熱塗料 「ガイナ」 中・上塗り※I様プランより抜粋
◆外壁塗装面積:169.33㎡
◆ガイナ色番  :22-85C

施工後
area_syosai
施工後
area_line

川西市湯山台≪外壁塗装・軒天・破風・外壁塗装工事~ガイナ仕様~≫M様邸

今回は、外壁の経年劣化で主に見栄えや塗装の剥がれ等の原因で工事のご依頼を頂いておりますが、軒天が破損しており(現状写真参照)外壁塗装前に軒天(900×900)を補修している施工写真もご紹介せせて頂きます。
◆工事の流れ◆
◆仮設足場 (飛散防止ネット及び養生)→高圧洗浄(塗膜の汚れ・付着物除去・水洗い)→下地処理(クラック部・変性シリコンコーキング等)→日本ペイント アンダーフィーラー弾性エクセル下塗り (マスチック) →日進産業 遮熱断熱塗料 「ガイナ」 中・上塗り →軒天(900×900 10枚程)・破風・小庇 木部補修工事→軒天塗装 ケイカル版(ケレン・ケンエース塗装)→雨樋交換 縦樋:丸型 軒樋:PC-50(61m)※M様プランより抜粋 
◆外壁塗装面積:120.29㎡
◆ガイナ色番  :19-65D

施工後
area_syosai
施工後
area_line

川西市湯山台≪棟板金・屋根塗装工事~ガイナ仕様~≫棟板金施工編~M様邸

川西市湯山台≪棟板金・屋根塗装工事~ガイナ仕様~≫塗装編~M様邸の棟板金やり替え編になります。
※屋根塗装と同時に施工のご依頼を頂きましたので≪塗装編にて工事金額をご確認ください

施工後
area_syosai
施工後
area_line

川西市湯山台≪棟板金・屋根塗装工事~ガイナ仕様~≫塗装編~M様邸

◆今回の屋根施工内容は塗装の前に棟板金のやり替え※現状写真参照・・棟板金が錆びつきかなり劣化しているのが見受けれらます。やり替え後に遮熱断熱塗装を施しました。屋根にコケ等の付着や汚れが目立ちましたので後程、屋根洗浄写真もご覧いただければと思います。
◆工事の流れについて◆
高圧洗浄(塗膜の汚れ、付着物除去、水洗い)→下地処理(変性シリコンコーキング処理・板金くぎ打等)→日本ペイント ファイン浸透シーラー 下塗り ※2回塗り→縁切り部材 タスペーサー W工法→日進産業 遮熱断熱塗料 「ガイナ」 中・上塗り→既存棟板金・ヌキ撤去処分(大屋根・下屋根)→新規棟板金・ヌキ取付け(大屋根・下屋根) ※棟板金やり替えと屋根塗装工事M様プランより
◆屋根面積:106.40㎡
◆ガイナ色番:N-50

施工後
area_syosai
施工後
area_line

屋根の棟板金劣化をご存知ですか≪棟板金やり替え~屋根塗装前≫

◆今回は屋根塗装のご依頼をいただきました、現状写真でうかがえるようにかなり劣化して錆びついていました。屋根棟板金交換工事は、屋根と屋根の面が合わさる山状の部分(角)を接合する板金を、新しいものに交換する工事です。
◆屋根の棟板金の交換、取替え工事の流れについてご案内させていただきます。棟板金もしくは、棟包みと呼ばれます。棟板金の下地にあたる構造材を交換します。釘の浮きの原因はこの下地となる木材の腐食です。下地材の腐食が原因で台風や強風で煽られて板金が飛散することもあります。
今回屋根塗装のご依頼の際の調査で劣化進捗が分かりますが、普段屋根の上はお気づきになる事もあまりなく、皆さまも調査依頼時には「棟板金」の状況も同時に調査していることを覚えておいて頂ければ幸いです。

施工後
area_syosai
施工後
area_line

川西市南花屋敷≪空家の間に外装メンテナンス≫屋根葺き替え工事

今回は、屋根葺き替え工事です。賃貸物件のオーナー様からのお問合せ内容としまして≪空家の内にキレイにして次にお住まいのお客様へ気持ち良く生活をして頂きたい≫≪早期な住人様が決まります様に≫といった内容がありますが、今回は屋根の葺き替えということで、お住まいになってから雨漏れがしてきた等の不具合が起きる前に、外観の見栄えと同時に屋根も葺き替えもご依頼頂きました。外壁は遮熱断熱塗料【ガイナ仕様】で屋根は葺き替えたばかりの建物になりますので、物件価値はグレードアップされたのではないでしょうか・・・と勝手に思っています。次の住人様がうらやましいかぎりです。
◆工事の流れについて◆
◆既存瓦撤去→(迫力ある作業風景は後程)→下地補強(竪桟)→下地補強(コンパネ12m)→ゴムアスルーフィング施工→アイジー工業『スーパーガルテクト』施工→軒樋交換 PC-50※S様プランより抜粋(仮設足場は外壁工事に含みます)
◆葺き替え面積:83.96㎡

施工後
area_syosai
施工後
area_line

川西市加茂≪屋根破損補修と塗装工事≫I様邸

今回は破損個所があり、補修した上に塗装を施しました。屋根の上にある、既に使用済のアンテナ撤去の様子も掲載致しました。高い屋根の上でアンテナを持ち上げて移動している様がかっこよかったので・・・・当社では屋根の塗装工事の際、不使用になったアンテナ(どう処分するの?)とお困りなお宅は数多くおられると思います。実は塗装工事だけではなく撤去処分もあわせてご依頼いただいております。
◆工事の流れ◆
◆高圧洗浄(塗膜の汚れ、付着物除去、水洗い)→下地処理(変性シリコンコーキング処理・板金くぎ打等)→日本ペイント ファイン浸透シーラー 下塗り→縁切り部材 タスペーサー W工法→日進産業 遮熱断熱塗料 「ガイナ」 中・上塗り※I様プランより抜粋・仮設足場は外壁工事に含んでおります。
◆屋根塗装面積:78.82㎡
◆ガイナ色番:N-50

施工後
area_syosai
施工後
area_line
123