HOME > 施工事例 >

詳細

尼崎市稲葉元町≪屋根遮熱断熱塗装工事~ガイナ仕様~≫M様邸

■屋根遮熱断熱塗装工事■
■工事の流れについて■
■高圧洗浄(塗膜の汚れ・付着物除去・水洗い)→下地処理(変性シリコンコーキング処理・板金くぎ打等)→ファイン浸透シーラー 下塗り→縁切り部材 タスペーサー W工法→遮熱断熱塗料 「ガイナ」 中・上塗り※ M様プランより
■屋根塗装面積:47.33㎡
■ガイナ色番  :N-50

工事内容 屋根遮熱断熱塗装
工事金額 175,000円

施工写真

■施工前の屋根の状況:振動や風などの影響で棟押さえ板金を固定している釘が飛びでている状況です。

■高圧洗浄(塗膜の汚れ・付着物除去・水洗い)

■本来、屋根材表面には雨水排出や通気性確保を目的とした溝がついています。その元の隙間を塗装をして塗料で塞いでしまい、屋根材合わせ目から侵入してきた雨水が排出されなくなり、屋根表面に雨水が浸透し屋根下地の腐朽や雨漏りの原因になってしまいます。その為に塗装(塗替え)をした場合は、元の隙間がある状態にしておかなければなりません。この作業を『縁切り』といいます。
そこで、タスペーサーを用いて施工した場合、雨水の逆流の心配がなくなります。
※劣化状況によっては使用しない方がいい場合があります。

■完工写真

一覧へ戻る